カタログギフト|アズユーライク|オンラインショップ

トップページエチケット・マナー事典>出産お祝・内祝 トップページへのリンク

出産お祝・内祝

生涯愛することを誓い合った二人に子供が・・・
 これほど幸せなことはないですよね。「おめでとう!」の気持ちを込めて
 何か贈り物をしたい。そんな時のお祝いやお返しだけじゃなく
 昔からの色々なしきたりがあるのをご存知ですか?
 お母さんと赤ちゃんのためにも、
 気持ちのよい「お祝」をするためのワンポイントアドバイス。
元気なあかちゃん。

■お祝いに際して
■お祝いは生後1ヵ月までに
祝い事は前もって贈るとはいうものの、出産祝いは別です。産後一週間はさけ、母子ともに安定するお七夜の命名からお宮参りまでの間、2週間目から1ヵ月目までに贈るのがマナーです。すぐに自宅に伺うのではなく、宅急便などでもよいでしょう。
■二人をバックアップする品物を
祖父母の場合は、ベッドや乳母車などを、兄弟姉妹や親類は、予算に合わせていくつかの品物をピックアップ。女性の親類なら出産後の手伝いという労力奉仕をお祝いにかえるのも、身内ならではの贈りもの。友人や知人なら、早速お祝いのメッセージを。衣類や育児玩具などが喜ばれるでしょう。この時、紅白蝶結びののし紙かリボン掛けで、表書きは「御祝」とします。


紅白蝶結びのし見本
■もしも死産だったら
死産だった場合は、お祝いに代えて慰めの心を届けましょう。両親の好物や花、フルーツ、または現金などを持参します。白黒の結びきりの水引に「御見舞」と表書きを。この時、子供連れでのお見舞いはタブーです。
■お返し品について
■母子ともに安定したら、1ヵ月頃までに
産後1ヶ月になると、赤ちゃんも安定してきます。健やかに育っていることをお礼を込めて、お返しをしましょう。地方によって異なりますが、1ヵ月後くらいに内祝を贈ります。ただ、品選びや訪問などに赤ちゃんを同伴するのは控えましょう。何かと手を取られることも多いので、宅急便などを利用するのが賢明と言えます。お礼のメッセージを添えるとより気持ちが伝わります。

■お返しには赤ちゃんの名前を
贈る品には、紅白蝶結びののし紙に「内祝」か「出産内祝」と表書きし、「命名○○」と子供の名前をその下に書きます。読みにくい漢字にはふりがなをつけましょう。最近では、商品自体に赤ちゃんの名前を入れることのできるものもあります。

■お祝いの半額を目安に
「お祝返しは、半返し」という言葉にもあるように、いただいた品の半額から1/3程度が一般的です。身内には子供の写真を添えた写真立てや漆器などの記念品を。友人には使い勝手のよい食品や日用品が人気です。いただいた人がお好きな品を選べるカタログギフトも人気です。


紅白蝶結びのし見本
■お世話になった病院の方へも
お産の時にお世話になった病院の医師や看護婦さんにもお礼をします。退院する時にお菓子やタオルセットなど、みなさんで使ってもらえるような品がよいでしょう。
■命名について
■命名式のしきたり
今では命名の責任者は父母です。もしも名付け親になった場合には、いくつかの候補をあげ、名前が決定したら正式な命名書を書き、お七夜の時に出産祝いとともに持参します。

■お宮参りとは
地元の氏神に、無事に赤ちゃんが成長したことを報告し、健やかな成長を願い神社に参詣する行事のことです。神社は父母の信仰や考え方によって決めてください。
多くの場合、男児なら生後30日目、女児なら生後31日ですが、地方によって異なります。日にちは一つの基準ですので、赤ちゃんの健康を第一に考えるようにしましょう。

■お七夜
子供が産まれてから7日目の夜をお七夜といいます。考えておいた名前を子供に命名し、祝い膳を囲んでお祝いをします。落ち着いた頃を見計らって14日目頃までには催しましょう。

■祈祷料について
社務所に申し出れば、お祓いや祝詞を受けることができます。5千円から2万円くらいまでと様々です。紅白蝶結びの金包みに「御初穂料」と書いて現金を入れます。

■お食い初め
別名「箸初め」や「箸揃え」、「歯固め」とも呼ばれ、子供が一生食べ物に困らないようにという願いが込められています。生後100日目くらいに行われることが多いようです。しきたりとしては、まず赤飯や尾頭付きの鯛を用意します。近親者の中でも、長寿の方や年長の女性が、一粒でも成人と同じ物を食べさせることになっています。離乳食を揃えるのもよいかもしれません。
■ミニコラム(知っておくととっても便利!)
■ミルクと哺乳瓶のいい関係
母乳だけで育てられない場合には、ミルクが母乳の代用となります。赤ちゃんにミルクをあげる際の哺乳瓶の乳首は赤ちゃんの吸う力を鍛えたりするのにとっても役立ちます。
 
たくさん飲んで元気に育ってね!
■紙オムツだとオムツ離れしにくいって本当?
オムツ離れとの関係は特になさそうです。紙オムツは濡れた感覚がわからないので、オムツ離れがおそくなると言う説がありますが、特に根拠はないようです。たしかに赤ちゃんはオムツの濡れた不快感から泣き出すことが多いようですが、おしっこが出た放尿感から泣くこともあり、またおしっこの度に必ず泣くわけではありません。

■オッパイのいいところ
オッパイにはたくさんの免疫物質が含まれ、感染から守る力を持っています。そして何よりも、お母さんの胸に抱かれて飲むことによって愛情が伝わり、母子の絆を深めてくれます。

■着せる枚数は何をめやすにするの?
ママの着ている枚数を基準に。
1ヵ月ぐらいの赤ちゃんは体温調節が苦手です。室温に合わせて洋服の枚数も調節してあげてね。着るものと布団の枚数を合わせて「ママの着ている枚数」+1〜2枚がめやす。ハイハイの時期にはママより1枚少なく。ただ夏は暑いので、2ヶ月以降の赤ちゃんならTシャツなどを1枚着せれば十分です。
Dear Mon
妊娠・出産・産後・育児まで、プレママ&ママ&あかちゃんのためのホーム
ページです。悩みや心配事もいろいろ相談にのっていただけますよ。
「Dear Mom」へのリンク
【エチケット・マナー事典トップへ】

トップページへのリンク
(C) 2016 アズユーライクのオンラインショップ(E-mail : office@catalog-house.com