カタログギフト|アズユーライク|オンラインショップ

トップページエチケット・マナー事典>人生の節目・季節のお祝い トップページへのリンク

人生の節目・季節のお祝

お祝いの席を設けたり品物を贈ったりと、日本人のお付き合いには欠かせない催事。
 四季を通して様々な行事がありますよね。
 そんな時、どんなお祝いをすればよいのか、いつお返しをすればよいのか・・・
 迷ったことはありませんか?
 そこで、知っておくと大変便利な催事マナーをご紹介します。

■初節句のお祝い
■初節句
女の子は3月3日の雛祭り、男の子は5月5日の端午の節句と、生後初めて迎える節句のこと。
すくすくと育つようにと願い、お祝いの席を設けます。雛人形や鯉のぼりは、母方の実家が贈るというしきたりが残る地方が多いようですが、女児には母方から、男児は父方からという例もあります。また、赤ちゃんが産まれて間もない場合は、翌年でも大丈夫。両親と双方の祖父母や近親者でお祝いしましょう。

■お祝いは1ヵ月前までに贈りましょう
人形や鯉のぼりなど節句に飾る品を贈る場合は、一月前くらいに贈りましょう。ただ、人形などは実家の方が用意するので、子供が喜びそうなキャラクター商品やぬいぐるみなどの方がいいかもしれません。この場合は、前日か当日でかまいません。

■桃の節句・端午の節句
お祝いの際のおもてなしは手料理で十分。節句にちなんで、雛祭りには貝の料理とちらし寿司、端午の節句ならちまきや柏餅などを中心に用意すればよいでしょう。また、子供がお世話になるようなお宅へ配ると、内祝になります。あるいは、お雛様や兜、鯉のぼりを型どったお菓子でもいいですね。
 ★★★ 「こうげつ人形」★★★
 人形のお顔や衣装・飾りまで繊細な職人の技が生きてます。
 お人形に関する薀蓄もたっぷりですよ。
「こうげつ人形」へのリンク
■七五三に際して
■七五三の意味
子供の成長に伴って髪型や衣装を変える節目に当たるのが七五三。3歳の髪置き、5歳の袴着、7歳の帯解きと士族社会の儀式でした。現在では、男児は3歳と5歳、女児は3歳と7歳というのが主流ですが、地方によってしきたりや祝い方は異なります。しかし、子供の健やかな成長を祝い、祈願するという基本精神さえ押さえていれば、独自の祝い方でよいのです。

■氏神様にお祓いを受ける際の注意
一般的には、親子で氏神にお参りするのが主流。お祓いを受け、祝詞を上げてもらうなら、前もって社務所に申し込んでおきましょう。その際のお礼は「御初穂料」と表書きした祝儀袋に現金を包みます。

■晴れ着用の品物が、主な贈りもの
晴れ着を用意する親に援助の意味で現金を贈るか、付属品やアクセサリーなど晴れ着に付随する品を贈りましょう。友人・知人なら子供の喜ぶおもちゃや絵本などで構いません。
また、子供へのプレゼントとなると、やはり玩具に集中します。もしかすると重なるかも・・・そんな心配もあるので、まずは両親に聞いてみましょう。

■お祝いは11月15日までに
11月15日が七五三の日となっているので、この日までにお祝いを贈りましょう。子供へのプレゼントなら当日でも大丈夫ですし、晴れ着などは1ヵ月前くらいが目安です。

■千歳飴などを返します
年齢の数だけ入った千歳飴をもって、挨拶へ伺うのがしきたりです。他にも、赤飯や祝い膳をお裾分けするのもいいでしょう。最近では七五三用のケーキや菓子などもあります。

☆七五三の「内祝」はお歳暮の時期が近いので、できるだけ早く贈りましょう。金額の目安は一般的にいただいた品の半額から3分の1程度です。贈る際に、写真も1枚添えると喜ばれます。
☆贈る品の表書きは「内祝」または「御礼」とし、紅白の水引を蝶結びにし、子供の名前で贈りましょう。読みが難しい漢字にはふりがなを付け、名前の右肩に年齢を入れます。
 
◆七五三ミニ知識
【3歳】髪置(かみおき)の儀
男女三歳の祝は、髪置き。
当時は、男の子でも女の子でも幼児のうちは髪を剃って、くりくり坊主にしていました。その髪を、伸ばし始める祝です。すが糸で、白いかつらのような物を作って頭にかぶせ、櫛などで梳く真似をしました。
【男児5歳】袴着(はかまぎ)の儀 「七五三」
男の子の五歳は袴着。
初めて袴をはく祝で、碁盤などの上に立たせ、親族の中から選ばれた袴親が、袴の紐を結んではかせてあげました。この日を境に社会の中で一人前と認められるようにあらゆる努力を始めることになります。
【女児7歳】帯解(おびとき)の儀
女の子の七歳は帯解き。
子供の頃の着物には付紐がついていて、これを結んで、三尺帯を締めるのですが、その付紐を外して、初めて幅広の帯を締める祝です。この日を境に花嫁修業に励む事になります。
■入学・入園に際して
■新しいスタートにはお祝いを
入園、新入学は子供にとって社会生活への第一歩です。「おめでとう」の気持ちを込めて、本や文房具、洋服やランドセルなど、これから必要となる実用性のある物を贈りましょう。

■遠方の場合は手紙で
遠く離れて暮らしている親戚なら「入学おめでとう」と手紙でのお祝いの挨拶で十分ではないでしょうか。親の知人や友人も同様で、あたたかい激励の言葉をかけてあげる事が大切なのです。

■その子にあった贈りものを
子供には子供の世界があるので、贈り手の自己満足は控えたいものです。ですから、その子の年齢にふさわしい、価値観に合ったものを贈るよう心掛けましょう。

■本人からお礼を述べましょう
お祝いを贈られたら、本人の口からお礼の挨拶をさせます。また、親戚以外の方には半返し程度の祝儀の品を贈ります。この時、入学式からあまり日が経たないうちに贈りましょう。
■卒業・就職に際して
■社会人としての門出を祝いましょう
新しい門出を祝って激励をおくるとともに、家族で会食やパーティーを催すのもいいでしょう。その際、親は子供に対して、大人同様の扱いをする方が意味のある祝いになります。

■お祝いは勤め先が決まってから
就職する年齢になったからといって、すぐにお祝いを用意する必要はありません。就職内定時よりも、勤務先が確実に決まってからお祝いを贈りましょう。

■社会人として必要なものを選びましょう
ネクタイやアクセサリー、バッグなど社会人として必要なものを選びましょう。一人暮らしをする子には生活用品などという手もあります。最近ではパソコングッズも人気です。

■初月給でお返ししましょう
直接出向くなり、手紙でお礼を述べ、親は口添えする立場に留めます。お返しは初月給やボーナスで報告と感謝の気持ちを届けましょう。品物は菓子折りやお酒で十分です。
■母の日・父の日に際して
■母の日に
5月の第2日曜日は母の日。カーネーションを贈る習慣はアメリカが発祥の地。日本では母親にカーネーションだけでなく、贈りものをして感謝の意を表す習慣が一般的になっています。

■父の日
6月の第3日曜日は父の日。実は「母の日だけあって父の日がないとは・・・」というところからアメリカで生まれた習慣。決まった花はなく、バラを贈る地方がやや多いようです。
■長寿祝いに際して
■長寿祝いの名称
満60歳の還暦に始まり、数え年の70歳の古希、77歳の喜寿、88歳の米寿、99歳の白寿に80歳の傘寿と90歳の卒寿を加えて長寿の祝いとしています。最近では100歳が珍しくなくなり、一世紀にわたることから紀寿と言います。

■シルバーエイジには旅行を贈りましょう
記念の金時計や銀食器といった、お決まりの品物がありますが、最近では子供達がお金を出しあって、旅行をプレゼントするというのが増加してきました。

■花器やふくさなど
内祝や記念品は、その人の人柄が現われるようなもの、例えば、酒器や花器、額や写真立て、ふくさなどを引出物としてお返しします。元気なら自分で挨拶するのもよいでしょう。
■定年・栄転・昇進に際して
■派手な宴会などは避けましょう
本人や家族にとっては嬉しいことですが、よく思わない人もいるはず。課や係り、同窓といった単位で祝うのが常識です。お祝いをする時は、個人的な関係がある人だけにしておきましょう。

■その人に合った趣味嗜好品を贈りましょう
男性には、お酒や高級陶器、ゴルフクラブ、女性ならアクセサリーやバッグなど、ご本人が普段なかなか手に入れられないような趣味嗜好品がよいでしょう。贈るときは、いち早くがコツ。

■ねぎらいと感謝の意を込めた贈りものを
人生の大きな節目となる定年退職には、長年の労苦にむくい、感謝を込めて祝いたいもの。家族そろってねぎらいの会を開いたり、これから楽しめるような趣味にまつわる品でもよいでしょう。

■本来、お餞別に対してのお返しはしない
定年退職の場合、お餞別に対してのお返しは本来不要です。もし、何かお返ししたいなら、定年後1ヵ月後くらいに、手軽な品を贈ってみてはいかがでしょう。

■自宅などでのおもてなしが一番
祝ってくれた同僚、後輩を自宅もしくは他に席を設けて招き、もてなすのが一番。上司、先輩には、酒、肴、グラスセットなどを感謝の意を込めてお礼の品を贈りましょう。
【エチケット・マナー事典トップへ】

トップページへのリンク
(C) 2016 アズユーライクのオンラインショップ(E-mail : office@catalog-house.com