カタログギフト|アズユーライク|オンラインショップ

トップページエチケット・マナー事典>結婚内祝・引出物 トップページへのリンク

結婚内祝・引出物

「二人の門出を祝してお祝いをしたいけれど、ご祝儀はどれくらいかな」
 「お返しはどれくらいの金額のものをすればいいんだろう」など、
 頭を悩ませるのが結婚のお祝いとお返しです。
 品物だけではなく、いくつかのマナーやエチケットも大切なことです。
 誰しもが悩んでしまういくつかのポイントをご紹介します。
お幸せに!

■お祝いを贈るのはいつ?
■結婚式当日までに
最近、結婚祝を当日持参する人が増えていますが、本来は挙式前に贈るのが正式です。と言って早すぎるのも考えもの。少なくとも挙式一週間前くらいには届くようにします。当日ですと、荷物にもなるうえ、トラブルが起こりやすくなるので、あらかじめ宅配する方が一般的で親切でしょう。
 
■一般的なお祝い金の目安

贈 り 先 年  齢  別
20歳代 30歳代 40歳代 50歳以上
全  体 3万円 3万円 3万円 3万円
勤務先の同僚 3万円 3万円   2万円
勤務先の部下 3万円 3万円 3万円 3万円
取 引 先     3万円 5万円
兄弟・姉妹 10万円 10万円    
甥 ・ 姪   5万円 10万円 10万円
い と こ 3万円 3万円 3万円  
知人・友人 3万円 3万円 3万円 3万円
その他の親戚     5万円 5万円
※空欄はサンプル数が少ないためクロス集計していないものです。

■体裁と贈り方
現金、品物いずれにせよ贈る時は、金銀もしくは紅白の水引を結びきりにします。生のもの以外は「花のし」と言って松竹梅などの飾りが付いたのしを使用します。この際、金額とのバランスは気にしなくて構いませんが、先方の地域的習慣や好みを考慮するのが心遣いです。
紅白結びきりのし見本
■引出物について
■皆さんに喜んでもらえる品を
お年寄りや遠方から来る人達のことも考え、かさばらず軽いものにしましょう。一般的には、食器など記念になる品か日用品として役立つ品物が選ばれています。
最近では、もらった方がお好きな品を選べるカタログギフトも人気です。

 
■人気の味覚を包みましょう
来ていただいた方それぞれに一つずつ渡しますが、夫婦などの場合は一世帯に一つ。引出物には、陶器や置物に砂糖や折り詰めを付けますが、人気の洋菓子や和菓子などでも喜ばれます。
紅白結びきりのし見本
■お返し品について
■挙式後1ヵ月以内には贈りましょう
新婚旅行や新居での生活が始まり忙しいですが、挙式後1ヵ月以内にはお返しを贈りましょう。直接持参するのが基本ですが、遠方の場合には礼状を添えて送るのがマナーです。
 
■リスト作りを忘れずに
身内や友人・知人だけでなく、披露宴に出席していただいた方からもお祝いをいただくので、お返しする人数がわからなくなります。そういった不手際を防ぐためにも、リストは必要不可欠です。
 
■金額は半返しで
いただいた金額の半額程度を返すのが一般的で、上には薄く、下には厚くと考えます。それぞれの方の趣味嗜好にあった物を選びましょう。
■仲人へのお礼
■必ず訪問してお礼を
仲人とのお付き合いで「中元・歳暮は3年まで」という言葉があります。これからの人生でも色々と相談する間柄になった方ですから、新郎新婦でお返しを持参のうえ、ご自宅を訪問しましょう。
 
■挙式後2〜3日中には贈りましょう
遠方の場合は当日でも構いません。新郎新婦が新婚旅行で不在の時は、両家の両親がそろって挙式後2〜3日以内には伺います。当人は、新婚旅行から帰ってから手土産を持ってお礼に伺うのが礼儀です。
 
■目安は結納金の2割程度です
多すぎると先方は負担に思うし、少ないと失礼です。地域によってしきたりもありますが、結納金の2割ぐらい、10万円から20万円程度でしょう。このお礼は男女で折半しますが、どちら側の親しい人かによって変わってきます。そういう意味で、実際は新郎側の負担する額の方が大きいようです。
■式について
■神式の場合
もっともポピュラーな結婚式。神の前で三三九度の杯を取り交わし、結婚の誓いをするもので、本来は神社や神殿で行うものですが、最近はほとんどホテルや結婚式場で行われます。
 
■仏式の場合
御仏の前で結婚を誓う結婚式。寺院や菩提寺で行うのが一般的ですが、挙式者側で祭壇を準備すれば部屋を貸してくれるホテルや式場もあり、仏前式専門の式場もあります。
 
■キリスト教式の場合
二人だけで誓うのではなく、神と会衆の前で誓い合い、指輪の交換を行うことです。そのため、新郎新婦と司式者のほかに第三者の立会いが不可欠になります。
 
■自分に似合う衣装を
和装にしろ洋装にしろ衣装選びのポイントは、自分に似合うこと、新郎新婦のバランスが取れていることです。和装の場合、新婦は文金高島田に白無垢または色打掛、新郎は黒羽二重に五つ紋を染め抜いた長着と羽織、袴が一般的です。洋装の場合、新婦は純白のウエディングドレス。裾が床に届くものが正式とされており、手袋とブーケは必ずします。
 
■記念撮影の並び方
式が終わると、そのまま一同が写場に移動し、記念撮影をするのが一般的です。最初に親族一同で記念撮影し、その後、新郎新婦二人の記念撮影になります。合同写真の場合、前列中央に新郎新婦が座り、その両脇を媒酌人夫婦、その外側に父母が並びます。あとはなるべく関係の深い人が前にくるようにしながら後列に並びます。
 
■式場でのちょっとした気遣い
披露宴は二人の結婚を知らせるために、友人、知人にも集まっていただくもの。ですから、感謝の気持ちを込めてもてなしましょう。披露宴のスタイルは様々ですが、招待客の年齢やタイプ、人数と予算などを考慮しながら、多くの方に喜んでいただける内容にします。またお礼金は新札を、ご祝儀袋は水引も紙も上品な物を使いましょう。ちょっとした気遣いで、お互いが気持ちよく時間を過ごせるようになります。
 
■お世話になる人にはご祝儀を
挙式・披露宴でお世話になる美容師、介添え人、宴会場の責任者の係りの人達、車の運転手などに感謝の気持ちと喜びを分かち合う意味から、ご祝儀を渡すしきたりがあります。宴会関係者は責任者に、美容関係者はチーフに5千円から1万円くらい、助手にその半額くらいを、お色直しか引き上げの時に感謝の言葉と共に渡します。介添え人には2千円から3千円くらいでしょう。カメラマンには5千円くらい、ハイヤーの運転手には日頃のチップより少し多めにと考えます。
念のために祝儀袋と新札も持参しましょう。
■結婚休暇後にすべきこと
■初出勤について
結婚休暇が終わった初出勤日は、職場に早く着くように出かけ、休み中に迷惑をかけたことへのお詫びや、披露宴に出席してくれた人達へお礼の挨拶をしましょう。
【エチケット・マナー事典トップへ】

トップページへのリンク
(C) 2016 アズユーライクのオンラインショップ(E-mail : office@catalog-house.com